法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。

一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、 今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。


関連記事:DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1


概要について

大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。

仮想通貨Watch「日本政府、仮想通貨「暗号資産に呼称変更」や「ICOトークンが金商法対象に」等の改正案を閣議決定」

アンダーソン・毛利・友常法律事務所「【金融法】暗号資産に関する改正資金決済法等について」

後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。

これからの動きについて

最前線の動きについては、Twitter(@niwatako)での書き起こしもかなり有能なのですが、ブログも相当有能な、にわタコさんをチェックしましょう。

http://niwatako.hatenablog.jp/

基本的には 仮想通貨Watch、アンダーソン・毛利、にわタコ この3つが極めて重要な情報ソースになります。

他のメディアの記事は断片的であったり、重要なポイントが漏れていたりするので気をつけましょう。

dApps事業者の動き

法改正を受けて、いくつかの事業者が公式の発表をしているので、並べてみます。

主にウォレットを提供するようなdApps事業者(余談ですが、すっかりdAppsという言葉がサービス提供者と同じような使われ方になりましたね)が影響を受けそうです。

ALIS「ALISのこれからの方針について」

Avacus「改正資金決済法成立後のAvacusの展望について」

仮想通貨Watch仮想通貨の投げ銭サービスが相次いで終了発表

以上、引き続きこの記事は追記していきます。

コインポイン

関連記事

  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・

コメント