法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。

一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、 今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。


関連記事:DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1


概要について

大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。

仮想通貨Watch「日本政府、仮想通貨「暗号資産に呼称変更」や「ICOトークンが金商法対象に」等の改正案を閣議決定」

アンダーソン・毛利・友常法律事務所「【金融法】暗号資産に関する改正資金決済法等について」

後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。

これからの動きについて

最前線の動きについては、Twitter(@niwatako)での書き起こしもかなり有能なのですが、ブログも相当有能な、にわタコさんをチェックしましょう。

http://niwatako.hatenablog.jp/

基本的には 仮想通貨Watch、アンダーソン・毛利、にわタコ この3つが極めて重要な情報ソースになります。

他のメディアの記事は断片的であったり、重要なポイントが漏れていたりするので気をつけましょう。

dApps事業者の動き

法改正を受けて、いくつかの事業者が公式の発表をしているので、並べてみます。

主にウォレットを提供するようなdApps事業者(余談ですが、すっかりdAppsという言葉がサービス提供者と同じような使われ方になりましたね)が影響を受けそうです。

ALIS「ALISのこれからの方針について」

Avacus「改正資金決済法成立後のAvacusの展望について」

仮想通貨Watch仮想通貨の投げ銭サービスが相次いで終了発表

以上、引き続きこの記事は追記していきます。

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント