• コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckの口コミ

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。また、2019年11月には国内で初めてCoincheckでステラルーメン(XLM)の取り扱いが開始され、注目を浴びました。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。
  • 「仮想通貨投資タイプ診断-5つの精霊で判定-」をコイン相場がリリース

    国内最大級の仮想通貨アプリ ・コイン相場が、「普段の日常生活での行動傾向」から投資タイプが診断できるツールをリリースしました。投資経験がない方々はどういう投資スタイルが自分に向いているか簡単に診断することができます。また、投資経験の豊富な方々にとっても投資スタイルを見直す機会になるでしょう![判定された投資精霊をツイッターのフォロワーに共有してみましょう!攻撃力・守備力・かしこさ・みかわし率の能力値も現れます!今年の8月末に、リリースしました「取引所診断」ツールは日常生活からの質問よりは、投資経験からの質問が多くありました。しかし、仮想通貨投資に参加している方々の年齢は20~40代が中心で投資
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

    韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    ビットコイン欲しい!でも、、、原資が・・・という方に朗報です!無料でビットコインを稼げるお小遣いサイトで、を新規発行すると、ビットコインがゲットすることができます。しかも、今なら期間限定のを実施中です!コインポインを経由して、楽天カード新規発行をするだけで、をゲットすることができるんです!さらに!楽天カード自体も、ご新規様限定のポイント還元キャンペーンをおこなっています!楽天カードをまだお持ちでない方、楽天カードが欲しかった!という方は、この機会に、ビットコインとポイントをWドリしませんか?楽天カードを発行するとをGETすることができます。期間:〜〆11/10(日)23時条件:新
  • 韓国の取引所CoinzestでXRPの価格が90円?・・高まるユーザーの不安感

    韓国仮想通貨メディアによると仮想通貨取引所「Coinzest」でXRP、BCHが他取引所より約3倍高い価格で取引されている。6日の16時30分の現在、CoinzestでXRPは980KRW(92円)でBCHは921,000KRW(86,629円)だ。一方で日本の仮想通貨取引所CoincheckではXRP(32円)、BCH(33万円)で取引されており、二つの取引所を比較すると約3倍の価格差が生じている。この価格差が生じた理由はCoinzestが先日の8月からKRW(ウォン)、BTC、ETHなどの入出金を中止しておりXRP、BCHなど入出金が可能な一部の仮想通貨が多く買われたのが原因だ。Coinz
  • ジュピタープロジェクト・・1億円の賠償を求め11人が提訴

    元国会議員の「松田学氏」がプロジェクトリーダーをしていると説明し、2018年4月21日からICOを行っていたジュピタープロジェクトが投資家11人から提訴されたことが分かった。テレ東や共同通信などの報道によると、ジュピタープロジェクトを運営していたGLIグループなどは3ヵ月で元本が1.5倍になるなどと高配当を謳い、およそ30億円を集めていたが最近、投資家11人から1億円の損害賠償を求められている。また、ジュピタープロジェクトに関わった複数の元社員が「集めた金額は別の返済に使っていた」とする陳述書を投資家側の代理人弁護士に提出している状況だ。ジュピタープロジェクト(JPI)は現在、「Gold Ar
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • TRONのジャスティン・サン「TRXは年末まで時価総額4位になる」・・CZがお叱り

    10月28日、時価総額10位のTRON(TRX)のCEOジャスティン氏がツイッターを通じ、大胆な発言をしたがBinanceのCEOの警告でツイートを削除した。ジャスティン氏はTRXが仮想通貨時価総額ランキング4位で今年を終えると述べ、CoinMarketCapの上位ランキングのスクリーンショットをアップロードしていた。しかし、そのツイートはBinanceのCEOであるCZ氏「Changpeng Zhao」の警告により削除された。CZ氏はジャスティン氏の発言に対し、「この発言は明確ではない価格予測だ。こういうのはやめろ」と強い警告をした。※でより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。
  • DApps、30%は開発諦め状態・・発行された仮想通貨は無価値になるか

    21日、ブロックチェーンアプリケーション「DApps」の統計サイトStateofthedappsによると、約920以上のDappsが開発をあきらたかアップデートなしで放置されている。DAppsの開発がこれ以上行われないプロジェクトが発行した仮想通貨は価値がなくなる可能性が極めて高くなった。その理由として、プロジェクト側が発行した仮想通貨はDAppsの中で利用されるトークンエコノミーを持っているからだ。また、開発されているDappsの成果もいいとは言えない。現在サービスされているDappsもDAUが1万名を下回るのがほとんどだ。一方、新しいDAppsのリリースも今年の始めは毎月100件以上あった