• EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

    産業廃棄物の管理は世界中で重要な問題となっており、「不要になった製品の処理をどのように行うか」については現在も様々な議論が行われています。この記事では、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用して「廃タイヤ」を「環境に優しいクリーンな再生可能エネルギー」へと変換する、次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー「EMJAC(EMJ)」を紹介します。世界は増え続けるゴミの山に埋もれており、それらのゴミは人間と動物の両方に「健康面・環境面」で多くの危険をもたらしています。廃棄物の蓄積が進むにつれて、町や都市は"ゴミ捨て場"へと変わってきており、毎年20億個以上のタイヤが生産されていますが、その中でリ
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • モナコインポスターラリー2019、開催日程とおよびポスター掲示場所募集のお知らせ

    日本初の仮想通貨「モナコイン」の有志コミュニティは、今年で4回目となるポスターラリー「モナコインポスターラリー2019」を行います。伴い、今月1日より正式にポスター掲示場所を全国から募ることといたしました。モナコインポスターラリーは、モナコインに関連するポスターをリアル空間へ掲示し、それを見て参加するイベント。多くのイラストレーターが同テーマで描いた様々なイラストを見ることができます。今年で4回目となるポスターラリー最大の特徴は、GoogleMAPを活用し掲示場所の可視化。多くのイラストレーターが描いたポスターを全国各地で見る事が可能です。昨年は飲食店、パソコン店など多岐にわたって約60箇所に
  • PIBBLEがKAKAOのブロックチェーンプラットフォーム‘Klaytn’の公式パートナとして合流

    ブロックチェーンSNS、PIBBLE(代表イ・ボラム氏)がKAKAOのブロックチェーンプラットフォームKlaytnに合流する。韓国でブロックチェーン版SNSとして注目を浴びているPIBBLEは27日にメインネットが公開されたKlaytnの公式パートナーとして合流することを発表した。カカオのブロックチェーン会社Ground XのブロックチェーンプラットフォームKlaytnはカカオトークの大衆的な背景を活用し、日常的に利用できる大衆的なブロックチェーン生態系の構築を目標にしている。Klaytnは韓国国内だけではなく全世界的に4億名ユーザーを確保し、グローバルプラットフォームとして成長することを目標
  • ビットコイン購入なら手数料が明瞭で 使いやすいHuobi (フォビ)がおすすめ!

    は、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されているで、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。2019年になって再び注目が集まり、ビットコインに関心のある方が増えてきました。「ビットコインを購入したいけど、どの取引所を選べばいいか分からない」という初心者の方も多いと思います。この記事では、初心者にも利用しやすい仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の特徴をご紹介します。ビットコインを購入するには、取引所に口座開設をした
  • 今、フオビジャパンにアンケート&口座開設したら抽選で100名様に500円分のXRPをプレゼント!

     フォビジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役会長:陳 海騰、代表取締役社長:閏間 亮、()は、「アンケート&口座開設でプレゼント」を5月14日(火)より開始いたします。今後のサービス向上に役立てて参りますのでぜひご理解とご協力を頂きますようお願い申し上げます。2019年5月14日(火) ~ 2019年5月31日(金)フォビジャパン口座をお持ちでない方。(フォビジャパン口座を解約された方を除く)期間内にアンケートにお答えいただき、フォビジャパンの新規口座開設を完了した方から抽選で100名様にプレゼントいたします。【※当選者へのご連絡はフォビジャパン取引所のメッセージで行いますので、
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • 海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

    「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、)Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。(出典) Huobiトレード画面 Huobi Japanでは、国内で人
  • Amuse (アミューズ)― 最も有益なアート&カルチャープラットフォームとして2019年に始動

    インターネットの発達によりメディアコンテンツの制作、配信のマーケットはすっかり変わりました。今や世界規模でのコンテンツ消費は容易になり、その速度も以前に比べると格段に速くなりました。実際、世界のエンターテインメント、メディアのマーケットは現在規模と推定されており、今後5年はまだ拡大すると見られています。しかしながらアーティストやコンテンツクリエイターへの公正な報酬、検閲、国際的配信の効率などといった点では業界は非常に困難な問題に直面しています。クリエイターはまず、著作権の問題に直面します。ネット上では何でもコピーされ、自由に拡散されます。このことについてアーティストや制作者にとっての世界共通
  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の