• dAppsゲーム「くりぷ豚」開発会社が、株式投資型クラファンで約1億円調達

    イーサリアムベースのブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を開発する株式会社グッドラックスリーが、1月21日にを通じて8,990万円を調達した。2019年11月にも同じように1,000万円を調達しているので、累計9,990万円を調達したことになる。前回は募集開始から15分、今回は1.5時間で上限応募額に達している。利用したのは、という株式投資型クラウドファンディングのプラットフォームで、ここまで約26億円が成約している。株式投資型クラウドファンディングは、過去のICOや通常のクラファンとは違い、専用の第一種金融商品取引業ライセンスを持ったプラットフォームだけが募集出来る。ブロックチェーンゲーム
  • クロスエクスチェンジを金融庁が警告・・無登録業者

    金融庁は21日、仮想通貨取引所クロスエクスチェンジ(CROSS exchange)の運営会社「CBASE FINTECH LAB LLC」に対し、無登録で仮想通貨交換業を行ったとし、を行った。CROSS exchangeは中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているが、日本でセミナーを開くなど積極的なマーケティングを行い日本人ユーザーが多数いると推測される。金融庁は去年の12月にも、ノアコイン(NOAH)の運営会社が開設した「BtcNext Company Limited」に対してもを行っている。
  • TaoTaoがBinanceとの提携交渉の開始を正式発表

    昨日、リークされていたYahoo!JapanとBinanceの提携に関する報道があったが、グループ傘下にある暗号資産取引所・TaoTao社から提携交渉を開始したと正式に発表があった。今回公表されたのは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意した事までで、具体的な内容は明かされていない。参考:
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読
  • 韓国、仮想通貨Youtuberの襲撃被害・・有料サロンが原因か

    仮想通貨コミュニティ「」を運営してきた韓国の仮想通貨インフルエンサー「ファンさん」が10日、ソウル市に位置する自宅マンションのエレベーターで仮想通貨投資家と思われる2人の男性から襲撃され、後頭部などが出血する被害を受けた。被疑者2人は、エレベーターでファンさんの手に手錠をかけ凶器で後頭部などを打撃し、1人はオーストラリアに逃走、もう一人は昨日(13日)逮捕された。韓国警察は犯人2人は犯行の前、防犯カメラに予めスプレー噴射するなど事前に犯行を計画していたと発表している。ファンさんは現在、命に別条はないと知られているが精神的に大きなショックを受け、警護を依頼し治療を受けている。韓国の仮想通貨Yo
  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in