海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

Sponsored by Huobi Japan
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Huobi Japanとは?

「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、https://www.huobi.co.jp/

Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。

  • 会社名:フォビジャパン株式会社
  • 設立:2016年9月
  • 代表取締役会長:陳 海騰
  • 代表取締役社長:閏間 亮
  • 資本金:12億2234万円(準備金を含む)
  • 所在地:〒106-0032 東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー 17F

Huobi Japanの特徴

取扱い通貨

(出典) Huobiトレード画面 https://www.huobi.co.jp/exchange/

Huobi Japanでは、国内で人気のリップル(XRP)やモナコイン(MONA)を含む「円建ての6通貨ペア」のほか、「ビットコイン(BTC)建ての4通貨ペア」を取引できます。BTC建ての通貨ペアは流動性が高く、スムーズに取引できるのが特徴です。リップル(XRP)については、国内唯一のXRP/BTCペアが提供されています。

各種手数料

現在の日本円の出金手数料は324円、取引に係る手数料は下記表の通りです。

(出典) Huobi公式サイト「手数料」より https://www.huobi.co.jp/support/fee/

現在BTC/JPYペアの取引は手数料無料、その他円建てのアルトコインもMaker手数料無料で取引できます。また、人気のリップル(XRP)のビットコイン建て「XRP/BTC」ペアが取引できるのは国内でHuobiだけです。

【Maker/Takerとは】 取引所の板に出ている指値注文において売買が成立した際に、成立した取引の指値注文を出していた取引参加者を「Maker」と呼び、その相手方となる注文を発注した側を「Taker」と呼びます。 MakerとTakerの取引手数料は異なります。

外部連携用APIの公開

(出典) Huobi公式サイト「お知らせ」より  https://huobi.zendesk.com/hc/ja/articles/360019559374

Huobi Japanは2019年3月13日より、取引所のプログラムの一部機能を公開し、マーケット情報の取得や資産状況の取得、注文が可能となりました。このAPIの公開により、外部サービスのポートフォリオ連携や自動売買機能を使うことができます。

即時反映、振込手数料無料のクイック入金サービス

(出典)Huobi公式サイト「お知らせ」より 

https://huobi.zendesk.com/hc/ja/articles/360019558694

Huobi Japanでは、クイック入金サービスを提供しています。振込手数料無料、原則リアルタイムで反映される便利なサービスです。

(※例外あり、クイック入金ご利用時の注意事項参照https://www.huobi.co.jp/support/deposit/

※現在は住信SBIネット銀行のみに対応しています。

  1. ログイン後、画面右上の「資産管理」メニューから、「入金」を選択して下さい。
  2. サイドメニューの「入金」を選択します。
  3. プルダウンから「JPY 日本円」を選択します。
  4. 「クイック入金」を選択します。
  5. 金融機関を選択後、入金額を入力し「入金する」を選択します。
  6. 銀行ページに遷移しますので、ログインしてお手続きしてください。
  7. 完了画面が表示されましたら、お手続き完了です。

Huobi Japanまとめ

グローバルに展開する仮想通貨取引所Huobiでは、高いセキュリティにより安心して仮想通貨の取引をすることができます。BTC/JPYペアの取引手数料が無料なのに加えて、日本国内で唯一XRP/BTCペアの取引も可能です。

また、Huobi Japanが運営するTwitterやLINEなどのSNSアカウントでは、多方面の仮想通貨の最新情報やブロックチェーン関連の情報を配信しています。YouTubeチャンネルでは、初心者にも分かりやすくブロックチェーンを解説する「仮想通貨100問」を動画配信しています。

Huobi Japan公式SNSページ

Huobi Japan Media(@HuobiJapan)

暗号資産に関するニュースを毎日ツイート。解説1分動画/仮想通貨最新情報/ブロックチェーン関連の役立つコンテンツを毎日つぶやきます。

https://twitter.com/huobijapan

Huobi Japan Exchange(@HuobiJapan_Ex)

暗号資産の相場情報、Huobi Japan取引所に関するニュースを発信するアカウントです。

https://twitter.com/huobijapan_ex

YouTube Huobi Japan チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCpWnfmrT6qyTtkdgZJgNn4w

本記事に対するお問い合わせはフォビジャパン株式会社までお願い致します。

関連記事

  • コインポインウェブβ版がオープンしました!

    コイン相場ユーザーの皆様この度、コインポインのが完成いたしました!文字が小さいスマホでの操作が苦手な方々はがお勧めです。PCでもぜひお試しください。とはが運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物やホテルの予約・レンタカーなどの娯楽サービス利用をで利用するだけで、を貰うことができるです。【コインポインウェブ版は】コインポインの仕組みはアフィリエイト広告で成り立っています。アフィリエイト広告とは、簡単にいうと広告閲覧者がその広告から商品・サービスを購入すると、広告掲載したメディアに広告主である企業から広告費が支払われる仕組みです。コインポインはそれによる収益でユーザーの皆様に ビ
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • GWのお問い合わせについて

    GWの株式会社COINJINJAの営業時間に関しまして以下、お知らせいたします。4月最終営業日・2019年4月26日(金) 営業時間 11:00~16:00お問い合わせ休業期間・2019年4月27日(土)~ 5月7日(火)5月営業開始日・2019年5月8日(水)営業時間 11:00~16:00コイン相場のご利用についてお問い合わせ休業期間中も通常通りご利用いただけます。休業期間中にいただいたお問い合わせは、営業開始日5月8日(水)から順次ご返答させていただきます。あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。引き続きコイン相場をよろしくお願いいたします。

コメント