0XCERTは固有のオンチェーン資産を誰でも創り出し、所有および検証できるようにするためのトークンセールを6月に公表します

Sponsored by 0XCERT
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

代替不可能なトークンによって動作するプロトコルは、ブロックチェーンテクノロジーが暗号通貨の範疇を超えて可能性を広げるために設計されました。

(2018年6月12日、リュブリャナにて) 0xcertはヨーロッパを基盤とした設立間もないテクノロジー会社ですが、6月26日に公開先行販売イベントを開始しています。同社のICOは、販売トークン(ZXCと呼ばれる)によってバイヤーおよびディベロッパーへの資金調達を狙い、それはプロトコルエコシステムにおける多様なユーティリティのために使われることになります。

  • 0xcertは他のブロックチェーンテクノロジーとは異なり、単なる’通貨’の移動ではなく、代替不可能な固有のトークンを実際に創出します。各トークンは現実世界の資産の刻印を持つものです。

  • このイノベーションを採用することは家宅や不動産、芸術作品、学位および身分証明書といった資産を保管、管理および検証する方法に革命を起こす可能性があります。

  • 新たなテクノロジーは、強力なdappsを構築するためのフレームワークをディベロッパーに供給します。その結果として、ブロックチェーン上にあるデジタルまたは現実世界の資産(身分証明書、学位、芸術品や不動産など)を認証および管理することができるようになります。

0xcertはブロックチェーンを通したこのような代替不可能なトークン管理のためのオープンソースプロトコルを開発してきました。同プロトコルはディベロッパーがこのテクノロジーをもとにさらなる開発を進めるための基盤を供給します。また0xcertは、ディベロッパーに向けてdapps(分散型アプリケーション)を構築するためのフレームワークを供給します。

これらのdappsは、次に土地の所有件、芸術作品ならびに収集物といった資産のオーナーシップをデジタル処理で表し検証することを可能にします。

共同設立者であり0xcert CEOのJure Zihは、同社の使命を以下のように述べます。:"アプリケーションディベロッパーに安全な非依存型のブロックチェーンプラットフォームを備えるためには、代替不可能なトークンを管理するための強力なツールとコミュニティを取り巻く規約が必要です。”

0xcertは、ディベロッパーコミュニティがブロックチェーン上でデジタル資産を代替不可能なトークンへ変換できる方法を規格化するための規約を提供します。これらの規約は証明書、学位および身元といった多岐にわたる資産のために現在案出中です。

共同設立者でありCTOのKristijan Sedlakは、以下のように付け加えました。:”0xcertはコミュニティ主導になるよう努めているオープンソースプロジェクトですので、非依存型の統治モデルも同様に導入されるかもしれません。” 同社は収集物、保証、ロイヤルティプログラム、不動産、ゲーム内のアイテムなどを含むよう規約を拡大すること計画を立てています。

このテクノロジーに関して現実世界の例を挙げるならば、あらゆる学位証明書、土地権利書、身分証明書および芸術品の証明書をオンラインで持っていたとし、またその各々の資産は固有のトークンによって表されているものとします。これらはすべて’デジタル財布’に保管されており、内密のデジタルキー(パスワードに等しい)を使用することで管理されます。 仮に誰かが芸術品を認証したり学位を検証したいと思えば、分散型アプリケーションを使うことでそれが簡単にできてしまうのです。この検証プロセスを有効化することで、0xcertは出所証明や信憑性に関連する数多くの問題を解決する手立てを講じます。

0xcertはこの市場の最先端を担っています。 代替不可能なトークンの規格であるthe ERC721の主な発案者であるWilliam Entrikenは非常に活動的であり、0xcertのキーアドバイザーです。Williamは次のように述べました。:“0xcertは(ERC)721に非常に重点をを置いて動いており、コミットメントがあるだけでなく、それを取り巻くチームが既にあり、コミュニティが使用できる製品をも発売しています。発売されているのはあなた自身のものだけにとどまらず、オープンリソースの製品もありますし、テストケースも、報奨金だってあります。報奨金が無ければオープンリソースプロジェクトは展開できません。報奨金を用いることで、コミュニティに対する心からの献身を示しているのです。 このことはコミュニティへの献身を見せるとともに、私が取り組んでいるものや助言を行なっているその他のものを含んだ外部のプロジェクトを手助けしています。 なのでもし、皆さんが使え、そのお返しに現金を支援や報奨金としてもらえるこれらのツールを発案するというのであれば、推薦しない手はないでしょう?”

そのうえ、いくつかの名高い学術機関が0xcertの新しいプロトコルの可能性を認識しており、高等教育におけるマイクロ認定資格を導入しているエラスムス・プラスのプロジェクトに加わっており、それはまたナレッジ・フォー・オール財団ならびにヨーゼフ・シュテファン研究所を含む団体らによる共同企業体が指揮しています。

0xcertについて

0xcertは固有のデジタルまたは現実世界の資産の存在、信憑性、オーサーシップおよびオーナーシップを代替不可能なトークン(NFTs)へと変換するオープンソースプロトコルであり、固有の証明書がブロックチェーンから利用できます。0xcertはまた、虎ストレスで代替不可能なトークンへの基盤を供給します。0xcertは業界のベテランでありERC721 standardの提案者であるWilliam Entrinkenを含む経験豊富なチームを有します。

より詳しい情報はwww.0xcert.orgを参照するか、 Telegram, Twitterをフォローして下さい。

その他役立つリンク:

Medium

LinkedIn

Facebook

Github

Reddit

YouTube

Ethereum ERC-721 standardについて

Ethereum ERC-721 standardは2017年末ごろから使用されています(未完成ではあるが)。最も広く知られているEthereumトークン規格はERC-20であり、承認を得るまでにおよそ2年を要しました。 ディベロッパーコミュニティからのフィードバックおよび寄与は、規格が承認される前にまず編集、改善および洗練を経ることが必要であるということを確認します。ERC-721規格の実装はブロックチェーンの世界に全く新たな連続体をもたらしますが、それはオンラインチャートとデジタル処理で創られた資産からテクノロジーを人の手によって作られた物理的なオブジェクト、収集品、重要書類へと移行させるとともに、それらのデジタル化と分散型のオーナーシップ、保管、および管理のための基盤を供給することによるものです。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント