世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

Sponsored by BTCNIA
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

投資家たちと共に作った世界初の仮想通貨取引所 : ビットニア

既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)

ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。

取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。

彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められました。最初からNIAの価格を決めておらず、投資家はトークンの価格決定の過程を確認することができます。

ビットニアはマイニング取引所で発生する暴落問題を解決するために新しいマイニングシステムを導入しました。

1日にマイニング可能な枚数とともに、取引所の保有量によって個人がマイニングできる数量も制限しました。

それだけでなく大量マイニングによる投げ売りを防止するため、総流通量によって一定比率の取引所トークンを保有してこそ、マイニングが行われるシステムを初めて導入しました。

取引所コインの暴落にはICO投資家とマイニング投げ売りのせいだけではありません。

エンジェル投資やアドバイザー投げ売り、マーケティングで供給される物投げ売りが、より大きな問題です。

ビットニアはこういった問題を事前に防ぐため、最初からアドバイザー、エンジェル投資、エアードロップなどのマーケティング枚数をなくし、投資家たちの値下がりリスクを減少させようとしています。

伝統的で形式的なこのような要素がなくても、TEAM KCSの能力とインフラは十分だからです。

一方、不透明で無責任な運営が暴落の原因だとビットニアは考えています。他の取引所と異なり、"ニアボックス"というシステムを導入し、運営内訳を公開して透明に運営し、取引所コインの価格を管理します。

ニアボックスはビットニアの心臓と同じシステムでバイバックとバーンの役割も有しており、取引所コインの流通量を調節する役割を持っており、注目すべき点はニアボックスが持っている取引所コインは市場に絶対販売されていないことです。

バイバックとバーンを通じて最も利益を得るのは取引所コインを保有する顧客です。流通量と総発行量が減ると価格上昇の可能性が高いため、ダンピングされる物量を防止し暴落を防止します。

取引所コインの暴落を解決し、持続的な価格管理と取引所の成長を目標にしたビットニアはKCSのノウハウと投資家らの信頼、意思疎通が反映された結果物という点でさらに格別です。

"顧客に隠すことのない透明な取引所を作ろう"という目標を持つ新規取引所のビトニアは12月中旬オープンを控えており、12月1日のミートアップの席で取引所のベータバージョンを発表しています。

《ビットニア オープン日程》

11月 20日 : SEED 投資締め切り。

11月 21日 : プライベートセール終了。

11月 28日 : 1次 パブリックセールスタート

12月 05日 : 2次 パブリックセールスタート

12月 12日 : ICO 終了

12月 20日 : ビットニア ベータ版オープン予定

《ビットニア紹介動画》

《ビットニアホームページへ》

関連記事

  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した

コメント