ICOへ参加するために必要なステップ

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨も青田買いが大事

ビットコイン爆上がりしてますね。 「2年前から買ってたらなぁ」って思った人多くありませんか? 先見の明がある人は羨ましいです。 そこで次なるビットコインを探すために多くの人がICOに参加して一攫千金を狙っています。

やるべきことはたった4ステップ

そこまで億劫ではないのでご安心を。 イーサリウム(ETH)ベースのICOが多いのでイーサリウムでICOに参加する場合で説明します。

  1. イーサリウムウォレットをダウンロード
  2. ETHを購入し、ウォレットに移す
  3. ICOを選定し、指定アドレスに送金
  4. トークンGET

1. イーサリウムウォレットをダウンロード

開設時の本人確認とかで時間がかかったりするので、まずウォレットを開設しておくとよいでしょう。 取引所のウォレットから送金できたとしてもトークンを受け取ることができない場合もあるので専用のウォレットを作りましょう。 Chromeの拡張機能で利用可能なMetamaskMyEtherWalletがオススメです。

2. ETHを購入し、ウォレットに移す

イーサリウムなどの仮想通貨を取引所で購入してウォレットに移します。 上述しましたが取引所からと送金してしまうと受け取れないかもしれないので面倒ですがウォレットに移してから送金するようにしましょう。

3. ICOを選定し、指定アドレスに送金

ICO指定のアドレスに仮想通貨を送金します。 送り先の間違いに注意しましょう。

4. トークンGET

送金の数日後にウォレットにトークンが配布されます。 あとはICO独自の仮想通貨が上場することを祈りましょう。 祈るだけじゃ心配な人は百度参りもしてください。(祈るという意味では同義ですが)

リターンとリスクは比例する

ノーリスクで絶対儲かるなら誰でもします。 成功者は必ずリスクを背負ってきました。 ICOも怪しい話も多いですがそのリスクを背負ってでもリターンを求める人には最適だと思います。 と言ってもリスクは減らしたいと思うので詐欺くさい案件に対する対策も後日書きますね。

関連記事

  • 海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

    「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、)Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。(出典) Huobiトレード画面 Huobi Japanでは、国内で人
  • 【ポレット(pollet)とは】貯めたポイントを店舗決済で使えるvisaプリペイドカード

    ポイントをチャージできるVisaのプリペイドカードポレット(pollet)をご存知でしょうか。ポレットとはポイントサイトなどで貯めたポイントをvisaプリペイドカードと連携して、ネットやリアル店舗のお買い物で決済利用できるサービスです。のを運営する、の鈴木社長の会社なんです。所在地もオズビジョンと同じですね。を知る人からすると、非常に信頼できる点じゃないでしょうか。事業的にも、からの送客効果、ハピタスポイントの利用用途の拡大など、相乗効果がありそうですね。があります。まとまった量のポイントであれば利用し易いですが、数円単位の細かいポイントだとお買い物には使いにくいですよね・・・そん
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場

コメント