海外の取引所で日本では買えないアルトコインを買おう

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

(2017/12/12更新)

アルトコインとは?

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言います。 世界中でIC0ブームで様々なアルトコインが上場しています。 日本で購入できるよりはるかに多くのアルトコインが海外の取引所で購入できます。

なぜ海外?

海外の取引所は世界中の仮想通貨ユーザーを対象にしてるので流動性が高く取引がしやすいので、慣れてくると海外にも口座を作ることをオススメします。

海外の有名どころはとりあえず開設しておこう

とりあえず開設するならPoloniex

取引量が多いのでPoloniexに上場すると価格が高騰する場合が多いです。 ここはマストで登録しましょう。

あるとコインが豊富なBittrex

Bittrexは世界で一番アルトコインが豊富な取引所と言われています。 日本であまり知られていないアルトコインがたくさんあるのでこちらも是非登録を!

ビットコイン取引に強いBitfinex

過去にハッキングされ信用失墜から立て直しつつあるBitfinex。 ハッキングされて以来、セキュリティがかなり頑丈になって今は安心して取引できそうです。

取引量世界一になったBinance

中国で仮想通貨取引が禁止になり、日本にも進出してきました。

日本語版サイトもあるので安心かと思いきや、、、

ほとんどの画面は英語のままです(^_^;)

まぁそこまで難しい単語使っていないので問題ないと思います。

サポートメールが遅いのがネックです。

1週間後に返事きました( ;´Д`)

取引量が世界一なので問い合わせも大量にあるという事でしょうか。

まずは国内取引で慣れよう

株と違って簡単に海外の取引所に簡単に口座開設ができるようになりました。 この先、株より仮想通貨にシフトしていくトレンドができるかもしれません。 ですがサポート体制は国内の取引所のほうが万全な感じがしますので、まずは国内で慣れてから海外に挑戦することをオススメします。

ネックは手数料の高さか

Bittrexだと取引手数料が0.25%かかります。

Zaifだと0.01%なのでコストが25倍です。

それでも証券会社の手数料に比べれば安いですが

「塵積も」なので軽視はできません。

関連記事

  • 海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

    「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、)Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。(出典) Huobiトレード画面 Huobi Japanでは、国内で人
  • 【ポレット(pollet)とは】貯めたポイントを店舗決済で使えるvisaプリペイドカード

    ポイントをチャージできるVisaのプリペイドカードポレット(pollet)をご存知でしょうか。ポレットとはポイントサイトなどで貯めたポイントをvisaプリペイドカードと連携して、ネットやリアル店舗のお買い物で決済利用できるサービスです。のを運営する、の鈴木社長の会社なんです。所在地もオズビジョンと同じですね。を知る人からすると、非常に信頼できる点じゃないでしょうか。事業的にも、からの送客効果、ハピタスポイントの利用用途の拡大など、相乗効果がありそうですね。があります。まとまった量のポイントであれば利用し易いですが、数円単位の細かいポイントだとお買い物には使いにくいですよね・・・そん
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場

コメント